駆け出し在宅ワーカーにおすすめの求人サイト3選

このぞ

在宅ワークやリモート案件を探すときによく利用したおすすめの求人サイトを紹介します。

どこから仕事を受注するかは十人十色ですよね。
前職の人脈や知り合いの紹介など求人サイトを利用せずに仕事の依頼を受ける方もたくさんいらっしゃいます。

フリーランス駆け出しの方で「営業の連絡をしまくった」という話も聞いた事がありますし、SNSで集客をされている方も多いですよね。

私の場合、知らない会社に飛び込み営業などした事は一度もありません。フリーランスとして在宅ワークを始めた駆け出しのころは、業務委託の案件に求人サイトから応募して仕事を受注することがほとんどでした。

そこで、業務委託案件の仕事を見つけるのに利用した求人サイトを3つ紹介します!

目次

おすすめの求人サイト3つ

1.Wantedly (ウォンテッドリー)

あわせて読みたい
Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS
Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNSWantedlyは、運命のチームや仕事に出会えたり、人脈を広げ、ビジネスの情報収集に使えるビジネスSNSです。

Wantedlyは「はたらくを面白く」というキャッチコピーで個人ユーザーは300万人以上、登録会社数が40,000社を突破した国内最大規模のシゴトのマッチングSNS。

手順としては、無料で会員の登録後、自身のプロフィールを作成します。プロフィールに、今までの経歴や制作事例などを載せられるので企業が個人と面接をする前にある程度のスキルなどを把握することができます。

他の求人サイトと違って面白いと思ったのが、企業のページがとても充実している事です。
会社のミッションや経営理念だけでなく、ブログの様に日々情報をアップしていたり、募集している仕事については、なんのためにやるのか?とか、どうしてこの会社を立ち上げたのか?とか、応募者が企業のミッションや価値観への「共感」でマッチングする仕組みになっています。

応募する、ではなくカジュアル面談と称して「話を聞いてみる」というボタンを押して企業とつながりを持つのも、面白いなと思います。

ただ、基本的に正社員で募集している仕事が多く、年齢層としては新卒〜新卒5年以内ぐらいをターゲットにしている印象です。
この中で「業務委託」「在宅」などと絞っていくとヒットする件数はそれほど多くない為、フリーランス×在宅ワークとなると経験者のみが募集できたり、倍率が高い場合もあります。

2. indeed (インディード)

あわせて読みたい
Attention Required! | Cloudflare

え?indeedってバイト探し?って思う方もいるかもしれませんが、違います!業務委託で仕事を募集している会社を見つけます。

無料の会員登録すると、気になる求人へ応募する事ができます。その際に、履歴書と職務経歴書を送るので書類が通って面接をする場合は企業から連絡がくる、といった流れがほとんどです。


私がフリーランスの準備を本格的に始めたのが2019年の初めごろでした。2018〜2019年ごろに見ていた求人と圧倒的に変わったのが、コロナの影響でさまざまな職種で「リモートや在宅の求人が一般化した」という事です。

これまでは、リモートの仕事ってプログラマーやエンジニアなど、スキルと経験があって限られた職種でしか難しい様に思えたのですが、フルリモート、在宅という働き方が一気に一般化しました。

indeedでも、「在宅」「リモート」などの検索ワードを絞り込むと、数年前に比べて検索結果が多くなったように思います。

正確な金額はわからないのですが、求人の掲載費用が他のサイトに比べて比較的リーズナブルで、初めて求人を出す際は掲載しやすい、と企業から聞いたことがあります。

そのため、中小企業やベンチャー企業などの求人も多く、良い会社さんと出会えれば長いお付き合いに繋がる可能性もあると思いますし、実際に私が一番最初に業務契約を提携した会社さんとは、indeed経由でご縁がありました。

3. ママワークス

あわせて読みたい
主婦の在宅ワーク・内職の求人・バイト・お仕事情報ならママワークススキルを活かして在宅でテレアポ!時間や場所を選ばない新しいワークスタイルを応援する、主婦向け在宅ワーク(内職)の支援サービスなら[ママワークス mama works]豊富な求...

株式会社アイドマ・ホールディングスが運営する、子育て中の女性や在宅ワーク専門の求人サイト「ママワークス」です。

会員数は、24万人以上でその大多数が主婦や子育て中の女性であるのが特徴です。

スキマ時間を活用してお家で仕事をしたい、といった要望や子育てでブランクがあるけど在宅で働き始めたい、などといった要望を叶える求人が多数あります。

しっかり在宅で働く環境が整っていて、プロ意識を持って仕事に取り組む心持ちであれば比較的応募が通りやすいと言えます。

こちらもプロフィールを作成後、気になる求人へ応募します。その後、ママワークス上のメッセージ機能で面接の日程などのやりとりをして業務委託を締結した後、仕事スタートという流れです。

また、フルリモートに特化した「リワークス」という求人サイトもあります。

あわせて読みたい
フルリモート正社員特化型転職支援サイト ReWorks<リワークス>
フルリモート正社員特化型転職支援サイト ReWorks<リワークス>フルリモート正社員への転職・求人情報を検索するならReWorksリワークス。無料オンラインセミナーに参加して、無理なくフルリモート社員への転職を目指せます。内定支援サ...

ママワークスでの求人は継続的な仕事というよりは、案件が発生した際に仕事の依頼が来る場合が多い様ですが、リワークスはフルタイム・フルリモートの求人サイトです。
1つの会社で完全フルリモートで働くスタイルがあっている方には向いていると言えます。

ママワークスを運営するアイドマ・ホールディングス広報の方にインタビューをした記事も参考にしてみてください!

駆け出し在宅ワーカーにおすすめの求人サイトまとめ

  • Wantedly (ウォンテッドリー)
  • indeed (インディード)
  • ママワークス

以上3つが駆け出し在宅ワーカーにおすすめの求人サイトでした!

求人サイトは、仕事の応募をするためだけでなく、募集内容を知るためにみるのも大切です。
なぜなら、いくら頑張ってスキルを習得しても、そこに需要やニーズがなければ仕事がないからです。

これから在宅ワークを始めたいけど、どうしたらいいかわからない…と思っている方はまずは求人サイトの募集内容を見て、どんな職種が多く募集されているのかリサーチするのも良いかもしれないですね。

特にWeb系は情報の移り変わりが早い業界です。
どのツールが使えた方がいいのか、どんな人材やスキルが求められているのかなどを知るためにもぜひ求人サイトをチェックしてみて下さい!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このぞ このぞ Webディレクター / デザイナー

2019年に開業。Webディレクターをメインに完全リモートのフリーランスとして仕事をしています。
ココナラでフリーランスを目指す方や在宅ワークをしたい方へのサポートもしています。詳しくは下記のリンクより↓

目次
閉じる