仕事につながる!ポートフォリオ作成のコツ

仕事につながるポートフォリオ

Webデザイナーやグラフィックデザイナーなど、クリエイティブな仕事をする上で「ポートフォリオ」は必須アイテムですよね。仕事の応募をしたとき、職歴書とあわせてポートフォリオの提出を求められることがほとんどです。クライアントとなる企業がポートフォリオを見て仕事を頼みたいかどうかを判断するため、魅力を感じられなければ面接のチャンスも逃すことにもなりかねません。

今回は、仕事に繋げるポートフォリオ作成のコツをご紹介します!

目次

ポートフォリオの目的をはっきりさせる

Webデザイナーやグラフィックデザイナーだけなく、フォトグラファーやイラストレーターなどクリエイティブな職種で必須なのがポートフォリオです。

まずはじめになんのためにポートフォリオを作成するのか目的をしっかりと把握しておきましょう。

  • どんなスキルがあるのか

見せる相手は企業など仕事を依頼する側の人です。ポートフォリオをみて、「この人に仕事を依頼したいか?」を判断します。

手の込んだ作品を並べて賞賛してもらうためではなく、どんなスキルがあるのか?どういった制作ができるのか?を伝えなくてはいけません。

  • どう貢献できるのか

写真やビジュアルだけを見せるポートフォリオは、どの部分を担当して、どんな工程で制作をしたのかわかりません。「実際に仕事を依頼したらどの様な働きをしてくれるのか?」を先方にイメージしてもらうことで、仕事に繋がりやすくなります。

仕事につなげるためのポートフォリオに入れる6つのこと

具体的にどんなことを入れたらよいのかを紹介します。職種などによっても変わってきますが、今回はWebデザイナーのポートフォリオを例にします。

  • 制作物のビジュアル
  • 制作範囲(デザインとコーディングなのか、デザインのみなのか)
  • 使用ツール(PhotoshopやAdobeXdなど、制作に使用したツール)
  • デザインコンセプト(ターゲットは誰でどんな点を意識して作ったのか)
  • PRやこだわったポイント(課題があった場合はどう対処したのか)
  • 製作後の反響や実績(もしあれば制作後や納品後の反応など)

完成した制作物を見せるだけよりも、制作の背景や過程を伝えることでどんなことができるのか?を具体的に伝えることができます。以上の6つ以外にも、自分がアピールしたい部分は入れてみると良いですね!

駆け出しデザイナーの場合、クライアントワークの経験がなくポートフォリオに入れる素材がない場合もあります。そんな時はどうしたらいいのか?次の章で紹介します。

実績がまだないうちはどうしたらいい?

クラウドソーシングやモニター募集などで実績を作る

ポートフォリオに載せることを条件に、モニターとして低額もしくは無料でデザインを作成しまずは実績を作りましょう。知り合いに聞いてみたり、SNSで募集してみたりするのも一つの方法です。周りにモニターとなってくれる人が見つからない場合は、最初の実績作りを目的にクラウドソーシングを利用するのも良いですね。

練習で制作したものを載せてもよい

スクールなどで制作したものがあれば、その作品をまとめてみると良いでしょう。

架空のWebサイトであっても、こだわった部分やアピールできる部分はどこなのか、ターゲットは誰をイメージして作成したのか?なども入れると、ぐっと実用的なスキルに近づきます。

このぞ

わたしも実績が少ないうちはスクールで制作した作品を載せたり、実績作りを目的にクラウドソーシングを利用したりしました!

実際に架空サイトのポートフォリオを紹介!

ポートフォリオの見せ方を工夫する

スクールの卒業制作ではじめて自分で制作した架空カフェのサイトです。

これでは、ただデザインが並んでいるだけで、制作の意図が伝わらないですよね…。

前の章で説明したポートフォリオに入れるべきポイントを意識して修正してみます。架空のターゲットを設定し、サイト制作の目的、使用したツール、作業工程、こだわった点を追加しました。

さらに、スマホやタブレットなどのデバイス別のモックアップをトップビューも入れました。

最初のビジュアルと並べて、制作の意図が可視化されました。たとえ架空のサイトであっても、作業工程などを入れることによって「どんなスキルがあるのか」「どのような働きができるのか」をアピールすることができます。

ポートフォリオの見せ方や形式について

無料で使用できるモックアップ素材

スマホなどのレスポンシブを一目で見せるには、デバイスのモックアップを使用すると便利です。無料でモックアップ素材が使用できるサイトをいくつかご紹介します。

ポートフォリオの形式は?

企業や担当者によってはPDFでの提出が求められる場合があります。そのため、縦横どちらでも良いのでA4サイズの形式は必ず制作しておくことをおすすめします。

Webデザイナーやエンジニアなどでポートフォリオサイトを作れる人はサイトを作るのも良いですね!

誰にみせるポートフォリオかによって工夫する

応募先にあわせてカスタマイズ

仕事につなげるためには、ポートフォリオを提出する企業によって見せ方を変えることも大切です。

例えば、バナー制作の仕事に応募するのであればポートフォリオの中にバナーの制作例を数多くそろえ、始めの方にもっていきます。応募する業界と近いものを制作した実績があれば、その事例をアピールするのも効果的です。

ポートフォリオは一度作ったからといってそのままで良い訳ではありません。制作物やスキルは応募の度にアップデートして何度もブラッシュアップしていくことが大切です。

実績が少ない時の体験を紹介

このぞ

フリーランスとして活動をしはじめて3ヶ月ぐらいのころの経験を紹介します!

デザイナーとしての実績が少なかったため、まずは実績を作ろうとクラウドソーシングでオフィス事業を展開する会社の募集に応募しました。そこで、印刷物のデザインを受注し、納品しました。

その後、別の求人サイトで同じオフィス業界の会社がデザイナーの募集をしていました。

クラウドソーシングでの経験が活かせると思い、ポートフォリオで制作物アピールし、どのような工程で制作したのか、自分はどんな役に立てるかなどを面接で話しました。

結果として仕事に繋がり、ありがたいことに現在も継続的に依頼を頂いています。

上記はあくまで一例ですが、まずは自分にどんなスキルがあるか、ないのであればどう補うかを見直すことも大切です。

仕事につながるポートフォリオまとめ

  • 見せる相手はクライアントとなる企業や人事だということを忘れずに!
  • ポートフォリオの役割は自分が何の役に立てるかをアピールすること
  • 応募先によって見せ方を工夫する
  • 実績がなければまずはポートフォリオに載せる素材集めから
  • 常にブラッシュアップしていくことが大切

クリエイティブな仕事をする上で必須なのがポートフォリオ。仕事につなげるには「自分がどんな役に立てるのか」をいかにアピールできるかが大切です。

経歴書などのプロフィールにも共通する部分があるので、こちらの記事もぜひチェックしてみてください!

ポートフォリオを作るには必要な画像をそろえて文章を考えたり、載せるものがなければ実績を作ったりと様々な工程が必要です。これから制作する人は、自分の活動をはじめる第一歩になればと思います!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このぞ このぞ Webディレクター / デザイナー

2019年に開業。Webディレクターをメインに完全リモートのフリーランスとして仕事をしています。
ココナラでフリーランスを目指す方や在宅ワークをしたい方へのサポートもしています。詳しくは下記のリンクより↓

コメント

コメントする

目次
閉じる